葉酸という栄養素について

葉酸という栄養素について

葉酸の働き

葉酸はビタミンB9とも呼ばれており、ビタミンとして働きます。
特に、ビタミンB12と共同で働くことで血液を作っている点が大きな特徴となっています。
葉酸が不足してしまうと、血液が不足して貧血になったり、赤血球に異常が発生したりします。
ビタミンB12が不足してもそういった症状が出るので
しっかりと葉酸とビタミンB12を一緒に摂取することが血を作るには重要です。

 

さらに、葉酸には細胞を作り出すのをサポートする働きがあります。
よく妊婦さんや、妊娠を考えている女性は葉酸を摂取しましょうと言われますが、
それも細胞を作り出す働きが関係しています。

 

細胞を作る際には、葉酸が必須となるので、
胎児が胎内で成長している妊婦さんには特に多くの葉酸が必要となるわけです。
葉酸が不足していると、胎児がうまく成長できなかったり、
疾患を持って生まれてしまう可能性が高くなります。
しっかりと妊娠を考えている時には葉酸を摂取するようにしてください。

 

また、葉酸には大腸がんと前立腺がんのリスクを抑える効果があるとされています。
実際に癌になっている場合には逆効果になることも多いとされており、
あくまで癌予防として葉酸を摂取する場合にはある程度効果があります。

 

ただし、まだ正確には癌を予防する働きがあるのかどうか検証ができておらず、
統計的にリスクの減少が認められたという調査段階となっています。

 

逆に過剰に摂取すると癌を誘発するかもしれないとも言われているので注意してください。
葉酸は水溶性ビタミンなので、多少過剰摂取しても尿とともに体外に排出されますが、
あまり必要以上に摂取するのはやめておいた方が無難と言えます。

葉酸が不足するとどうなる?

葉酸は血液を作るのに欠かせないビタミンなので、不足すると貧血を起こしてしまいます。
特に葉酸不足で起こる貧血は悪性だとされており、酷い貧血が起こるので注意が必要です。
血液や赤血球の異常により、食欲がなくなることも多くなりますし、
口内炎ができたり、腸内環境の悪化なども起こります。

 

血液が関連している病気として、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などのリスクも高まるとされています。
精神病にもかかりやすくなり、抑鬱状態となったり、アルツハイマー病のリスクも高めてしまうことがあります。
白血病やガンに関しても葉酸不足はリスクを高めるとされています。

 

また、葉酸不足を特に注意しなければいけないのが、妊娠を考えている女性や妊娠中の女性です。
妊娠の初期は、胎児を作るために非常に多くの細胞分裂が胎内で行われています。
その細胞分裂には葉酸が必要なので、
妊婦は初期段階で特に葉酸を多く摂取する必要があると言えるでしょう。
妊娠初期に葉酸が不足していると、
胎児が神経管閉鎖障害という障害を持って生まれやすいと言われています。

 

神経管閉鎖障害とは、
二分脊椎という脊椎が骨で守られていない症状を引き起こす障害です。
この障害になると、下半身の運動障害や、排泄障害、
無脳症や死産などが起こりやすくなるとされています。

 

現代人の食事は、葉酸不足になりがちだとされており、
調査でも若い女性のかなりの割合が葉酸不足だとされています。
しっかりと葉酸を妊娠を考えている時には摂取するようにして、
丈夫な胎児を生むことが重要だと言えます。

 

●にんにくサプリ
にんにくサプリメント選び方
にんにくサプリメントどれにしようかと迷ったときに

更新履歴